決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです

【茶番】ARC-V編 第33話

融合、シンクロ、エクシーズ。異なる次元からの決闘者が集い、新たな戦いが始まる!








ユート消滅の4時間前 融合次元ーアカデミア

素良「あのエクシーズ使いめ………絶対に許さない……僕が必ずカードにしてやる!もう一度プロフェッサーに出撃許可をもらいにいくしかない!」

???「!」

f:id:OVERDRIVE:20171218174002j:plain

ユート消滅の3時間前ーマスワイ社

マスワイ「というわけで本日の職員会議は終わりだ早速明日の準備に取り掛かってくれ。黒咲、お前は明日、ランサーズ選抜試験の教官になってもらう。優秀なデュエリストを探すのだ。」

黒咲「俺に仲間は必要ない。」

マスワイ「だが現にこの街で黒音は消えた。お前もいつやられるかわからないのだぞ」

黒咲「フン、あの紫咲とかいう女が黒音を倒したはずがない。既に融合の手先はこの次元にいると見ていいだろうな。それにユートも黒音も本気で戦う意思がない。しかし俺のレイドラプターズは融合を滅ぼす為に生まれた!殲滅力が違う」

マスワイ「だが君がカード化される可能性は0ではないはず。それに敵は大勢。君のレイドラプターズは殲滅力は高いが裏を返すと守備が脆いことになる。その守備を補うような仲間が必要なはずだ」

黒咲「くっ……いいだろう。だがそんなかりそめの仲間で結成されたチームほど脆いものはない。いずれじわじわと崩壊する」

マスワイ「………」

ユート消滅の2時間前ーマスワイ社

マスワイ「ランサーズ。優秀なデュエリストを結集させたアカデミア対抗組織だ。必ず結成させる。そして、奴の野望だけは必ず阻止する」

???「それはできない」

マスワイ「お前は……セレナ……」

f:id:OVERDRIVE:20171218175425j:plain

セレナ「なぜならわたしがこの次元にいるというエクシーズ使いを滅ぼすからだ。」

マスワイ「ジャリオスの命令か?」

セレナ「ちがう!わたしはわたしの意思で来た!帰ってきた素良が呟いていた。エクシーズ使いを許さないと!素良はこのスタンダード次元にスパイとして来たから、この次元にはエクシーズ使いがいると思ってやってきたのだ!」

マスワイ「仇討ちか……驚いたよ。あの監獄のようなアカデミアにも友情があったとは……いや、仇討ちじゃあないか……」

セレナ「プロフェッサージャリオスにわたしの実力を認めてほしいのだ!決してアカデミアや融合次元のためじゃない!」

マスワイ「そうか……だがこの街で騒ぎを起こしてもらっては困るのだよ。もし起こそうものなら僕が潰す。たとえ3年前に救おうとした相手だろうとな!」

セレナ「私は救われてなどいない!アカデミアは孤島故出られず追い詰められたではないか!」

マスワイ「気持ちだけじゃダメか……まぁいい。君にはここで敗北してもらう!」

マスワイ&セレナ「「デュエル!!!」」

マスワイ「僕のターン!僕は手札より青き眼の乙女を召喚しターン終了だ」

セレナ「わたしのターン!わたしは月光蒼猫を召喚!バトルだ!月光蒼猫で青き眼の乙女に攻撃!」

マスワイ「青き眼の乙女の効果発動。その攻撃を無効にし、このカードを守備表示に。さらに手札から青眼の白龍特殊召喚する!」

セレナ「ターンエンドだ……」

マスワイ「ドロー!乙女はレベル1のチューナーモンスターだ。僕はレベル8のブルーアイズホワイトドラゴンにレベル1の乙女をチューニング!シンクロ召喚、レベル9、青眼の精霊龍!!!」

f:id:OVERDRIVE:20171218181126j:plain

マスワイ「さらに、手札よりパワードリボーンを発動!レベル8モンスターを墓地から蘇生し、その攻撃力を100アップさせる!バトルだ、いけ、ブルーアイズ!滅びの爆裂疾風弾!!!続けて精霊龍の攻撃!ホーリーシャイニングストリーム!!!」

セレナ「うわぁぁぁぁ!」(残りライフ0)

マスワイ「フン、これでもう騒ぎはするなよ」

ブーッブーッ!

セレナ「わたしはデュエルに敗北すると位置がバレるのだ…」

マスワイ「え?まさか、アカデミアが来るの?」

その頃アカデミア

アカデミア兵「プロフェッサー!セレナ様の位置がわかりました!スタンダード次元です!」

プロフェッサー・ジャリオス「そうか……じゃあ早速侵攻しようか。彼女は4人の少女のうち一人……融合人格よ!」

素良「僕もいかせてください!」

ジャリオス「素良か……よかろう。ただし!今回の目的はセレナ!セレナを連れて来るのが目的!だが、過程や方法はなんでもいいぞ」

素良「ありがとうございます!」

ジャリオス「では早速!オベリスクフォース出撃だ!セレナを連れて来るのが第一の目的!第二は柊柚子の誘拐!第三はスタンダードの制圧!わかったな!?」

素良&オベリスクフォース「「「「「はい!!!プロフェッサー!!!!!」」」」」

ジャリオス「ユーリ、柚子はお前に任せたぞ」

ユーリ「ええ……」

ユート消滅の翌日ーマスワイスタジアム

ネコメント「みなさん!大変お待たせ致しました!第2回戦はバトルロイヤル!!!残り2名になるか、正午より24時間経過した時点で終了です!!!そしてバトルロイヤルの舞台は街全体!あっ、でも街にはフィールド魔法が発動してあるので気をつけてください。そしてこのバトルロイヤルではライフを2000払って、デュエルに乱入するシステムを採用しました!フィールド内なら誰でも乱入できます!!!さて、そろそろ始めたいのですが、ユート選手が行方不明ということで敗者から一人を復活させます!抽選で選ばれたのは………デカメ選手!」

デカメ「カメカメ~」

ネコメント「では、正午まで何処に行ってもらっても構いません!街に散ってください!!!」

スタジアム外

セレナ「騒ぎを起こすなといわれようと構わん!このバトルロイヤルに乗じてエクシーズ使いを潰す!」

マスワイ社

マスワイ「おそらく敵はそろそろやってくる。君たち敗者には是非迎え撃ってほしい。活躍した者は復活させよう!」

Liggy「仕方ねー」

パーニョ「俺の命の為戦うっちょ!」

沢渡「妖仙ロストトルネードを決めて勝ってやらあ!」

マリ太郎「やれやれ…」

十四松「仕方ないね!」

マスワイ「では、行ってこい!」

会場

ネコメント「フィールド魔法発動!ワンダーカルテット!

f:id:OVERDRIVE:20171218183217j:plain

ネコメント「でははじめましょう!バトルロイヤル・」

柚子&デカメ&遊矢&ほむら&黒咲&権現坂&ジャッカル&紫咲「「「「「「「「デュエル!!!!!」」」」」」」」

続く









キャラクター紹介 32

セレナ 『2』 【遊戯王アークファイブ

f:id:OVERDRIVE:20171218175425j:plain

柚子に似た少女。融合次元より脱走し、黒咲たちを狙ってきた。