決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです。たまにコメントに星つかないバグありますが許して

【茶番】ARC-V編 第15話

f:id:OVERDRIVE:20171129164010j:plain

黒咲「いいだろう。俺はこの街のどこかに融合次元の人間がいると読んでいる。そいつは必ずマスワイチャンピオンシップに参加する……必ずだ。だから参加する。じゃあな…」

マスワイ「そうか。早速明日開催だから来いよ……」

黒咲「ふん…」

遊矢「ねぇ、君!」

黒咲「?」

遊矢「さっき、崖っぷちだとか殲滅とかいってたけどさ、君は一体……」

黒咲「お前に話すことは何もない」

遊矢「俺は、柚子の友達だ!」

黒咲「この世界での瑠璃の友人か……ならばこれだけはいっておく。融合使いに気をつけろ。この世界は今、異次元からの脅威に晒されている。命が惜しいなら逃げることだな。でなければ捕まるかカードにされる

遊矢「なに!?」

黒咲「さらばだ。貴様は融合の手先ではないことを信じているぞ…」

遊矢「融合次元……!」

翌日、ビーチ社入口

紫咲「ついにこの日が……」

遊矢「来た!」

権現坂「遊矢!紫咲!やはり来たか!」

柚子「来ないわけないよね!」

遊矢「権現坂!柚子!」

素良「師匠!柚子姉ちゃんに権ちゃん!遊矢兄ちゃんも!」

紫咲「素良……!」

ほむら「紫咲、遊矢!そろそろ始まるわよ!」

紫咲「ほむら!それにあれは……」

マリ太郎「やれやれ……」

十四松「はいははいはーい!」

沢渡「シュッ!」

遊矢「マリ太郎に十四松!」

沢渡「俺もいるぞ!」

マスワイ「ではこれよりマスワイチャンピオンシップを開催する!記念すべき1戦目は柊柚子VSLiggy-MO!準備をしろ!」

柚子「私!?」

遊矢「頑張れよ!」

紫咲「でもLiggy-MOってのは聞いたことないね」

マリ太郎「俺の弟だ…やつもペンデュラムデッキの使い手。油断してると何もできなくなるぜ」

権現坂「兄弟そろってペンデュラム召喚デッキ。ペンデュラムブラザーズというわけだな」

マリ太郎「ああ。さあ始まるぜ、早くいけよ柚子」

柚子「うん!」

ーデュエルステージ上ー

マスワイ「ではこれより!第一回戦、第一試合、柊柚子VSLiggy-MOを始める!」

柚子「(ペンデュラム召喚デッキ…)」

Liggy「俺のデッキはPENDULUM、貴様のデッキは敵じゃねぇ!」

柚子「かわいいからって甘く見ないでね!」

柚子&Liggy「「デュエル!!」」

柚子「私のターン!手札から幻奏の音女アリアを召喚!さらに幻奏モンスターがフィールドに存在する場合、幻奏の音女ソナタ特殊召喚できる!さらに魔法カード、二重召喚を発動し、私はアリアとソナタをリリースしてアドバンス召喚!幻奏の音姫 プロディジーモーツァルト!」

f:id:OVERDRIVE:20171129161502j:plain

柚子「さらにカードを1枚セットしてターンエンド!」

観客「1ターン目から大型モンスターか!」

黒咲「瑠璃のデッキじゃない……?」

Liggy「俺のターン!ア アラララァ ア アァ!スケール3のアモルファージ・ヒュペルと、スケール5のアモルファージ・キャヴムでペンデュラムスケールをセッティング!ペンデュラム召喚、アモルファージ・オルガ!アモルファージ・ガストル!さらにフィールド魔法、アモルファスP(ペルソナ)発動!」

f:id:OVERDRIVE:20171129163117j:plain

Liggy「俺は2体をリリースしてアドバンス召喚!現れろ、アモルファージ・イリテュム!」

f:id:OVERDRIVE:20171129163207j:plain

Liggy「アモルファージがリリースされたため、アモルファスPの効果でドロー。カードを1枚伏せターンエンド。そしてペンデュラムスケールを維持するためにはモンスターをリリースしなければならない。だが維持する必要がないのでペンデュラムスケール2枚を破壊。さあ、君の番だ」

遊矢「攻撃しなかったのは……」

紫咲「十中八九、伏せカードの警戒。おそらくLiggyは慎重なデュエリストよ……!」

続く








キャラクター紹介 14

十六夜咲夜

f:id:OVERDRIVE:20171129163753j:plain

第1部とは違い、戦闘しない役で登場。紫咲の母らしいが、記憶がところどころ抜けているため、本当の母かはわからない。