決闘と茶番 暇人ぐっちーのブログ

遊戯王、スイッチなどのゲームの話や、茶番(クロスオーバーのストーリー。苦手な方は帰って)やってる自由人のブログです。たまにコメントに星つかないバグありますが許して

【茶番】茶番第1部 afterstory ー分断ー

茶番でーす

茶番第1部のあらすじ
ぐっちー「おれは必ず、強いやつを倒してみせるわ!」

マスワイ「ならば僕と勝負だな」

強くなるための旅路で仲間は増え、巨悪に立ち向かうこともあった

DIO「世界(ザ・ワールド)!!」

ぐっちー「あいにくおれは波紋使いでね!」

キラ「お前の名前をノートに書けば!勝ちなんだぁ!」

ぐっちー「それはどうかな、書かせなきゃあいいんだろ!」

レタラヌチ「お前の師は今ここでくたばったんだよ!」

ぐっちー「許さねぇぜ畜生がァァーーッ!」

そして最も強大だったのは、紫京院ひびき

ひびき「世の中は嘘と幻!本当のことなど存在はしない!」

ぐっちー「だが、おれたちの絆は本当だぜ!」

その後ヌメロン・ドラゴン主催の、強者の大会 ヌメロンバトルトーナメントにてぐっちーが優勝。
今回はその優勝後の話である。


『分断』

ぐっちー「優勝したぜヒャッハー!!」

???「待てぇ!そのトロフィーはこのジャリオス様が売り捌く!よこせぇー!」

マスワイ「決勝戦で負けたやつ!くたばってなかったのか!?ぐっちー!気をつけろ!そいつの能力は、物体の時間を戻すことと物体を4つに分けることだ!

紫マリオ「そうだ!おれはその能力で分けられたんだよ!」

ぐっちー「なにぃ!?」

ジャリオス「さぁ、よこせぇー!」

そのころ、コロシアム外

咲夜「あれは……なに!?」

f:id:OVERDRIVE:20171110203509j:plain

咲夜「巨大なドラゴン!というかあの場所、虹美を預けてるとこじゃない!!ってよく見たらあれは人!?」

f:id:OVERDRIVE:20171110203641j:plain

咲夜「でも虹美が危ないことにかわりはない!ぐっちーに伝えなきゃ!ぐっちー!」

ぐっちー「次はなんだ!どうした咲夜!」

咲夜「虹美が巨大なドラゴンに襲われそうなの!」

ぐっちー「そうか、それなら心配するな!あいつはおれの子だ。簡単にしにやしねぇ!おれは幼少期目の前にいる糞野郎に襲われたんだからよぉ!きっとあいつも大丈夫!おれのオーラを込めたお守り、『クロスオーバー・ディメンション・プリンセス』のカードも持ってんだろ?」

ジャリオス「今だ!今お前のトロフィーをもらう!」

ぐっちー「やめろぉ!くそぉ!」

ジャリオス「お前は4つに分断だ!って、トロフィーに触ってしまった!!」

ぐっちー「トロフィーが輝いてる!」

ヌメロン・ドラゴン「おいぐっちー!そのトロフィーには創世の力が込められてる!このままでは世界が4つに分かれるぞ!ついでに近くにいる奴らもな!」

ぐっちー「えーっ!?どうすんだよ!お前!くそぉ!仕方ねぇ!あのドラゴンにぶつけてやる!!!!!」

ドラゴンの近くにいた女の人「今こそあなたを分断する!」

ドラゴン「ぐわぁー!!!!!一つになった我らをォォォォ!」

咲夜「ねぇ、あの?ぐっちー?ドラゴンと近くの人と世界が4つに分かれるのよね?でもあの近くに虹美いるんだけど?虹美も4つに分かれるわよ!?」

ぐっちー「えっ?でももう取り返しはつかん!」

咲夜「なんか空が光だしてる!まさか本当に4つに分かれるの!?」

f:id:OVERDRIVE:20171110205145j:plain

f:id:OVERDRIVE:20171110205150j:plain

………

…………………

f:id:OVERDRIVE:20171110205427j:plain

虹神「俺は神。だが、なんか変なとこにいる。俺以外みんな気絶していて、4つヴィジョンが見える。人はそこに吸い込まれる。しかしコロシアムにいた奴らはだいだいまだ吸い込まれてないな。そしてドラゴン、近くの女、ぐっちーと咲夜の娘は不在だ。」

f:id:OVERDRIVE:20171110205453j:plain

虹神「あれからどれ程の時間が経ったかな?10年くらいか。しかしコロシアムにいた奴らの残り、ぐっちーとかは全く吸い込まれねーし、ここにいると歳もとらないのか。あ!咲夜とマスワイが吸い込まれる!俺も行くか!」

f:id:OVERDRIVE:20171110205754j:plain

虹神「うわァァァァァァァァ!!!!!!」

そしてその1週間程経ったあと、ぐっちーも吸い込まれた。

f:id:OVERDRIVE:20171110205915j:plain

………

…………………

ぐっちー「ここはどこだ?」

???「目が覚めたのね!」

f:id:OVERDRIVE:20171110210218j:plain

ぐっちー「うわぁっ!ん?ここはあんたの家か?あんたの名前は?」

瑠璃「私は黒咲瑠璃よ。あなたは?」

ぐっちー「おれはぐっちーだ。そう呼ばれてる。だが誰にそう呼ばれてたかは覚えてない。おれがいた街の風景と、俺の名前しか覚えてないぜ、他はぼんやりしてて覚えてないんだよ。」

f:id:OVERDRIVE:20171110211526j:plain

ぐっちー「この街はおれの故郷ではない」

???「記憶喪失か……厄介だな」

f:id:OVERDRIVE:20171110211740j:plain

ぐっちー「あんたは誰だ?」

黒咲「おれは黒咲隼。瑠璃の兄だ。しかし、記憶喪失なら起きたからさっさと帰れとも言えないな」

瑠璃「ならしばらくこの家で暮らせばいいのよ!」

黒咲「なに!?嫌だ!家に俺以外の男を入れたくない!」

瑠璃「でもこないだユートもカイトも入ったじゃない。」

ぐっちー「カイト……その名前、どこかで……」

黒咲「ふん、仕方あるまい、だが瑠璃に手を出せば即刻この俺が貴様を処す!覚悟しろ」

ぐっちー「ああ、約束するよ。シュン。」

黒咲「ふん」

瑠璃「ふふ」

そしてこの1年後、戦いは始まる。4つの世界を巡る戦いが。

第2部 ARC-Vへ続く





ぐっちー生きてましたね。マスワイや咲夜、分断に巻き込まれた虹美の行方はARC-V編で明らかになります。
お楽しみはこれからだ!

ではまた次の記事で会いましょう